CT200hとドライブ日記

レクサスCT200hとドライブ日記♪ 無事故!無違反!?無駄走りw

苗場山リベンジ

先週の武尊山に続き、今日は6月1日に祓川登山口に至る苗場線が工事で通行止めで行けなかった苗場山に登る事にしました。昨年秋に登った時には雨だったのでリベンジ登山になります。今日も3時に起床です。

www.golfgti05.com

先日購入してその履き心地に感動したLA SPORTIVA(スポルティバ)のTX5 GTXですが、気に入り過ぎてヘビロテになると痛みも早いので、もう1足物欲に負けて購入してしまいました。

 

 

ノースフェイスのサミットブライトホーン フューチャーライト NF02312、カラーはTNFブラック×TNFホワイト・KWです。今日はこれを履いて登ります。

 

 

越後川口で朝食を食べていたところ日が出てきました。

 

 

今日は先週よりは天気が良さそうで期待できそうです。

 

 

湯沢IC手前からは仙の倉山やエビス大黒ノ頭が見えます。

 

 

苗場線の通行止めの原因だったと思われる崩落現場です。仮復旧の状態なので大雨が降るとまた崩れて通行止めになるかもしれません・・・。

 

 

6時過ぎの時点で駐車場は下のスペースはほぼ満車でした。上にはまだたくさん停められるので、満車になる事は無いと思います。右がヤリスクロス2台でした。LBXと同じようなサイズ感ですが、コンパクトで良いです。

山行の様子はYAMAPに載せています。

yamap.com

サミットブライトホーンですが、ソールがとても固く、これだとショックを吸収せず疲れてしまうのではと思いましたが、杞憂でした。ソールが変形しにくいので岩の上を歩いたり、砂利が浮いている土道を歩いても何事も無いように歩けて快適でしたが、山頂付近で指と当たりが強いのか、痛みが出てきました。靴擦れのようにはなっていませんが、もう少し靴ひもを締め付けた方が良かったようです。次回も使ってみて、足をもう少し強めに締めて動かないようにしてみたいと思います。

これも先々週の西吾妻山登山で履いた同じくノースフェイスのシューズを少し締めすぎて右足の足首と当たり、痛みが出た事もあって今回は緩めにしていたのが逆に良くなかったようです。

www.golfgti05.com

今のところスポルティバが私の足には一番合っているようです。いつも山を下りてきて靴下を脱ぐと蒸れて足の指が白くなっている時が多いです。快適な山行の為にはソックスも少し工夫した方が良いかもしれません。

 

 

そう言えばふと気になった隣のヤリスクロスのフェンダーアーチモール。

無塗装樹脂で新しいのにもう成型時の縞模様が出始めています(特に後ろの方)。良く白く劣化したりしてシマシマ模様が出た古めの商用車など見かける事があると思います。

これも5年とか一定期間経過しないうちに出ているのでリコール対象にならないのでしょうか。塗装面が劣化したら確実にリコールになると思いますが、安いんだから仕方ないとは言えないような・・・。フロント・リアのフェンダーアーチモール、ロッカーモールすべてに模様が出始めていました。

これからトヨタ車はこのような劣化したフェンダーアーチモールを装着したクルマが溢れます。個人的にはこのように美観が確実に悪くなる機能性の無い部品は廃止して欲しいですし、技術で解決してもらいたいです。こんなの自動車部品として不良品だと思います。

LBXも数年でこうなると思うと今からガッカリです・・・。

 

 

駐車料金を支払って行きます。前回は有人でしたが、今回は無人です。カメラが付いていますが、機能しているのか・・・。良く整備されている駐車場なのでちょっと高いですが、仕方のないところかと思います。

 

 

帰りはスキー場の駐車場から国道17号線へ出ます。何か見覚えがあると思ったら、両親とドラゴンドラに乗りに来た時に通った道でした。

 

 

昼食を食べて国道17号線をドライブしていると外気温計は36℃!

梅雨入りが遅れているお陰で快晴の山行になったのは良かったですが、こう暑いと水不足や米の生育が気になりますね。

武尊山登山

昨日は愛知県まで出張してきたので、帰りが遅くなると思いきや、まあまあの時間に帰って来られたので今日も3時に起きて登山に出掛けます。

 

 

梅雨入りが遅れていると言われていますが、この天気は有効に活用しなくてはなりません。

 

 

越後川口SAで朝食を済ませました。

 

 

湯沢から関越トンネルの間に仙の倉山など谷川連峰が見えます。

 

 

土樽PAでトイレ休憩しました。ここからも山が見えます。

 

 

谷川岳に行くときと同じく水上ICで関越道を降りて、国道291号線で谷川岳方面へ向かいますが、途中の大穴交差点から県道63号線へ右折します。しばらく行くと藤原ダムのダムサイトを渡ります。

 

 

宝台樹スキー場へ向かう道の手前で右折して武尊神社方面へ向かいます。道路も1.5車線あり、余裕の広さです。登山口の道路にありがちな狭さは無いのでリラックスして運転できます。この道の広さはアクセスのしやすさに繋がりますね。

 

 

武尊神社手前が登山口駐車場です。ここは無料です。6時前に到着して既に満車に近い状態でした。

今回も山行の様子はYAMAPに載せています。

yamap.com

宝台樹スキー場もこの近くのたんばらスキーパークも父親にスキーに連れてきてもらった思い出のある場所です。途中の奥利根スキー場にも来たことがありました。そんな事を思い出しながら風景は残念ながら楽しめませんでしたが、無事下山してきました。

 

 

戻って来たのは12時頃でしたが、まだ多くのクルマが残っていました。着替えて出発します。

 

 

下の方のスペースにも駐車していました。武尊山はマイナーな百名山と思っていましたが、今日は大盛況でした。

 

 

帰りに藤原ダムにちょっと寄りました。

 

 

昔は祖父や父にドライブで連れてきてもらった奥利根ゆけむり街道の県道63号線ですが、今は昔ほど人がいなくて、廃墟などもあり、もの悲しい感じもしました。

 

 

帰りは高速を使わず、国道17号線へ向かいます。途中で県道270号線で猿ヶ京へ出て、国道17号線へ出ました。この道路も2車線で走りやすかったです。

 

 

猿ヶ京からはちょこっと前に登ったエビス大黒ノ頭が見えました。

 

 

三国トンネル手前には三国山の登山客の駐車車両がたくさんありました。ここからも三国山を経由して平標山へ行く事が出来ます。

 

 

新潟県側にも登山と思われる駐車車両がありました。ここからも三国山へ行けます。

 

 

平標山の駐車場はこのようにたくさんのクルマが停まっていました。

 

 

国道17号線で帰って来たのはらーめんヒグマ塩沢店に行きたかったからです。関越道を使ってしまうと12時台に着いてしまうので、国道17号線で来て14時前に到着しまいたが、今日は何故かガラガラでした。大盛チャーシュー麺を美味しくいただきました。

登山後はこのしょっぱさがとても染み渡ります。

 

 

いつもの巻機山もキレイに見えました。

 

 

今日は30℃くらいまで上がりました。そろそろ梅雨で登山も一休みの時期になりますが、来週はまだ晴れ間があるようで、また行きたいと思います。

LBXは大丈夫?

今日、赤信号みんなで渡れば怖くない、と言うようなタイミングで不正の発表がありました。

すでに何ヵ月か前の不正事件のときには発覚していたかのような不信感の募るタイミングです。

オマケに性能に影響は無い?と。ならば不正って何なのか理解に苦しみます。

メーカーの自主基準で性能を維持出来るなら国の認証機関なんで税金のムダ使い極まりなく、規模を縮小するか、自動車メーカーに統合してしまえばスリム化出来て良いと思うのは私だけでしょうか。

不正を見逃している時点で国の機関も処分を受け責任を取る必要があると思います。

開発機関(コスト)を抑え不正をしつつ物凄い利益を出している現状はクルマ好きにとって落胆しかありません。

注文したLBXはヤリスクロスと同じ基本設計で本当に問題が無いのか、今の不正について細やかな説明が欲しいです。

西大巓・西吾妻山登山

今日は先月計画して延期していた西大巓・西吾妻山へ登ります。冬に通っているグランデコスノーリゾートの上にある山で是非登りたいと思っていたのですが、残雪でコースが分かりにくい事や登山者数が少なそうなところ、天候などで先月は行けず、ようやく今日決行です。

 

 

3時に起きて4時前に家を出て、近所の24時間のすき家で朝ごはんを済ませて磐越道へ。天気は朝は雨が降っていたようですが、まずまずのようです。

 

 

磐梯山SAからの磐梯山です。雲が晴れています。

 

 

グランデコのトイレは時間的に使用出来ないと思い、改装工事中の裏磐梯ビジターセンターのトイレに寄りました。ここからの西大巓・西吾妻山には雲が掛かっていました。

 

 

グランデコ駐車場に到着です。クルマは4、5台で寂しいくらいです。

今回も写真などYAMAPに大量掲載しています。

yamap.com

 

ゲレンデにもいましたが、猿の群れが道路にいました。

 

 

今はエサが豊富なのか皆良い体格でした。

 

 

磐梯山です。曇り空の登山でしたが、この辺で少し雨がパラついていました。

帰りは国道459号線で喜多方へ行き、坂内食堂で昼食に大盛ネギチャーシューを食べてパワーチャージして新潟へ帰りました。

新エンジン

トヨタが開発中という1.5リッター、2リッターエンジンは直列4気筒!との事です。

世界的にも1.5リッターエンジンは3気筒が主流でネガを感じさせない洗練度ですが、LBXも搭載するトヨタの1.5リッター3気筒エンジンはクセが強いというかドドドドドドドドドという音が大きめです。これはUXの2リッター、NXの2.5リッターエンジンも1.5リッターのようなビート感は無いものの騒音は大き目な事から最近の高効率エンジンの特徴のようです。

今度の4気筒エンジンはショートストロークで全高を抑えているそうなので、おそらくGA-Bプラットフォームには幅が足りず乗らないのではないかと思います。開発中のエンジンはこれまでの1.8リッターや2リッター、2.5リッターに置き換わるエンジンで、LBXなどBセグは4気筒は載らず、これまで通り3気筒エンジンなのではないかと思います。

来年にはスバルのボクサーエンジンにTHSⅡが組み合わされたストロングハイブリッドが登場予定だったりまだまだハイブリッドシステムは進化するようで楽しみですね。

色々合わない・・・

今日は朝少しゆっくりしてドライブに出掛けました。

 

 

途中のラーメン屋さんで食べようとしたら早い時間なのに満席・・・。仕方なく丸亀製麺でうどんを食べました。帰りには珈琲問屋新潟店でコーヒー豆を買おうとしたら半額セール中で大混雑・・・。豆を渡せるのは明日以降と大盛況でまた来週行く事にしました。

昨日も苗場山登山口への林道が工事通行止めになったり、谷川岳の無料駐車場が満車で停められなかったりこの週末は色々と番狂わせがありました。

 

谷川岳は結果的に行ってとても良かったです。

それに昨日も今日もLBXとは良く合いました。ソニッククロム、ソニッククオーツとソニック系の色ばかりでしたが。外装に関しては細かなツッコミはあります。ミラーがブラックで引き締まっている一方、無塗装樹脂の面積が多く、フェンダーアーチモール、ロッカーモールも安っぽい樹脂は気になります。しかし全体的なデザインは公道を走行している時も良く見えてとても気に入っています。

それにCT200hもドアミラーに関してはインナーが艶消しでした。

www.golfgti05.com

当時のLSとミラー形状は同一でしたので、そのパーツを取り寄せて交換していました。

LBXもGrazio&Co.さんからドアミラーガーニッシュ&アウターカバーが発売されています。

http://www.grazio-co.com/lbx/lbx_ext_std.html

アウター側は純正だとグロスブラックになっている細いアクセントパーツがクロームに、インナーは艶化しがグロスブラックに出来ます。他車種流用のようなのでフィッティングも純正そのものだと思います。運転している間ずっと見えますし、マット調の樹脂は水垢も目立つので実用性としては光の反射が少ない以外のメリットはコスト以外に無いと思います。これは買いですね。

それからLBXはラゲッジランプも小さくて実用性が無いのでラゲッジ用のランプも装着しようと思っています。

http://www.grazio-co.com/lbx/lbx_led.html

色々と楽しみです。

代打谷川岳?

今日は谷川岳へ行ってきました。というか朝の段階では苗場山に登る登山計画を立てていましたが・・・。

 

 

今日は先週までのような快晴は期待できず、標高の高いところは強風の予報でした。登山の時の天気で頼りにしているてんくら(てんきとくらす)。

tenkura.n-kishou.co.jp

こちらでは昨日あたりまで新潟の山は登山に適する「A」の山が無く、行けそうなのは群馬県側の谷川岳位でした。ところが昨日の夜あたりから新潟の山も「A」になっていたので、昨シーズン雨の中登った苗場山へリベンジ登山する事にしました。

 

 

湯沢ICで下りて国道17号線を三国方面へ。祓川登山口へ向かうも、登山口に通じる林道が工事で通行止め・・・。6月8日頃から通れるようになるらしいです・・・。

仕方なく再び湯沢ICへ戻り代打として計画していた谷川岳へ登る事にしました。

 

 

雲が多く、山にも雲が掛かっていましたが、まずまずの天気です。

 

 

何故か無料駐車場がある谷川岳インフォメーションセンターは駐車台数を減らしていて満車・・・。有料のベースプラザ駐車場に停めました。500円ですが、トイレもキレイなので満足です。

 

 

登山口の駐車場とは思えないエレベーター完備の立体駐車場です。謎のBGMも流れています・・・。

山行の様子はいつも通りYAMAPに掲載しました。

yamap.com

現代の谷川岳は二峰に分かれた双耳峰、トマの耳、オキの耳の事を指します。しかしこれは国土地理院の間違いで、大昔は谷川岳といったら俎嵓(まないたぐら)の事を指していたそうです。

最近まで尾根道の登山道も消えかけていましたが、刈払いが行われたらしいので、今度是非俎嵓へ登ってみたいと思っています。

確かにトマの耳、オキの耳は東の端で一の倉岳までしかなく、谷川連峰の東端といっていい場所です。西の端が松手山や平標山で、連峰の最高峰は仙の倉山ですし、地理的にも万太郎山か俎嵓が谷川連峰のセンターと言って良いと思います。山容も一番カッコいいと思います。天神尾根を下山しながら何度も俎嵓の写真を撮りました。

 

 

無事下山し、着替えて出発です。

 

 

こちらが谷川岳インフォメーションセンターです。

 

 

奥の方はバリケードがあり、駐車できません。台数がそれほどでもない時期だからか、有料駐車場を使わせる施策なんでしょうか。

 

 

国道291号線です。先週は巻機山で新潟側の国道291号線を走行しました。清水峠で繋がっていると思うとロマンがありますが、途中は廃道です。

 

 

水上ICから関越道に乗りました。先ほど下った雪渓た上の方に見えます。こうしてみるとメッチャ遠いですね。

 

 

谷川岳PAでカツカレー大盛をいただきました。疲れた身体に浸みます。

 

 

ゆっくり帰りたかったので湯沢ICで関越道を降りて、国道17号線、8号線などで帰ってきました。今日も良い登山になりました。

シエンタの一部改良

今日遂に近所の駐車場にLBXが停まっているのを発見しました。しかもソニッククオーツで外観は私が購入したものと変わらずです。エクステリアパッケージを装着した事もあり、外観はそこだけ違います。Cピラーにシマシマのリヤピラーガーニッシュ(フィルム加飾)もどのようなデザインなのかは見たことが無いので分かりません。

テールランプが下部になったLEDナンバー灯と共にキレイなデザインで夜間の見た目もとても良かったです。ソニッククオーツは今のCTのホワイトノーヴァガラスフレークよりも悪く言えば黄ばんだ色調ですが、キラキラしていて悪くないボディーカラーですね。

そう言えば、ホンダのフリードがモデルチェンジして、更に魅力を向上する為にシエンタが一部改良されました。一番のトピックは「10.5インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)プラス」が標準装備になった事でしょうか。「プラス」は車載ナビ機能付きで、ネットワーク圏外でもナビ機能が使えます。しかしLBXは「プラス」相当の機能は備わらず、コネクテッドナビ機能のみでシエンタ以下です。アクアもナビキットを選べば車載ナビ機能が使えますが、LBXは選ぶ事すら出来ません。

シエンタやアクアはトヨタ自動車東日本で生産していて、LBXも同じ工場です。どうせなら同じさすがに価格が半分以下のクルマよりも機能が劣るのは理解しがたいところです。

クラウンもそうですが、こういった細かな機能ダウンがそこかしこにあって最近の商品企画の迷走がなかなか理解出来ません。その分デザイン費用に持っていかれているのかもしれませんが、素人には分かりにくいコストの使い方があるのかもしれません。

曇り空

昨日の登山で心地よい疲れで朝はゆっくりでした。月イチの床屋さんへ出掛けサッパリしてきました。

 

 

近くのディーラーにはクラウンスポーツが停めてありました。クラウンシリーズは普通にカッコいいと思います。リアフェンダーの張り出しはLBX同様で今の流行りでしょうか。FFでカムリ(冠)の生まれ変わりのようなクルマになってしまいましたが、生き残るにはこれでいいのかもしれません。FRシャーシが巨大なセダンだけになってしまったのは残念です。

乗り出しまでに640万ほどなので、LBXのBespoke Buildを買おうと思ったらあと少し足せば買えます。以前ほんの少し迷った時期もありましたが、これで登山口の駐車場まで行くのは無理がありますし、冬場のスノーボードも車重が1.8tとLBXよりも500kgも重い重量級で電気式四輪駆動とは言え、凍結路は怖いです。アウトドアスポーツのお供には大きさで諦めました。今のライフスタイルではデカいクルマは無用の長物です。そんな事からLBXがCT同様で自分には最適なクルマと思っています。

細かい部分ですが、例えばレクサスはドアキャッチャーにプラスチックのカバーが付いていてキャッチャーそのものも見栄えが良い物ですが、クラウン系はカバー無しで鋼のメッキです。CTもクラウンと同じものでしたが、レクサスの上位車種は必ずカバー付きでした。

 

 

LBXはカバー付きです。その他装備、内装の仕上げにもヒエラルキーを感じさせるところがあって、クラウンのこれまでのイメージからするとコストダウン(仕様ダウン)が多数あり意外な部分です。

 

 

床屋さんの後はドライブに出掛けました。昨日の快晴と打って変わって白く霞んだ曇り空になりました。フロントのショックアブソーバーを交換したお陰で快適です。

 

 

栃尾あたりから見た守門岳です。先日「そこに山があるから」で金子賢さんが東洋一の雪庇があるこの山に登っている番組の再放送を見ました。この山にも登ってみたいです。しかしこの辺りの山にもヤマビルが生息しているそうで粟ヶ岳や越後白山同様、行きにくいです・・・。

巻機山

今日も先週に続き天気が良いので昨シーズンの悪天候リベンジ登山です。

今回は巻機山へ行きます。

www.golfgti05.com

天気が悪く頂上稜線は爆風でした・・・。見たかった群馬県側の視界ゼロでした。

 

 

3時に起きて4時前に家を出ました。朝焼けの田んぼが水鏡で綺麗でした。苗が小さいうちのこの時期限定の風景ですね。

 

 

越後川口SAで朝食。かき揚げうどんです。新潟県側の関越道で24時間営業のSAはここだけです。5時でも食事が採れてとてもありがたいです。

 

 

越後三山も先週同様クッキリ。先日ショックアブソーバーを交換してステアリングポストの異音は変わらずしますが、駐車場での駐車や交差点で曲がったりする動きも変わりました。高速道路ももちろん快適になりました。買い替える直前でなく、10万キロを超えたところで交換しておけば良かったと反省です・・・。

 

 

関越道を六日町ICで下りて国道291号線を清水方面へ。

 

 

この道は清水峠まで続いていますが、今は廃道です。

 

 

6時過ぎに到着しましたが、既に下の第二駐車場は満車でした。トイレはそちらの駐車場しか無いのでこちらの桜坂駐車場は不便なので不人気です。着替えて6時15分頃出発です。

いつもの通りYAMAPへ載せています。

yamap.com

下山の途中に近くの山にヘリコプターがホバリングしていました。ちょうど仙ノ倉山あたりでしたが、怪我をされた登山者の救助だったそうです。

 

 

駐車場に戻ってきたら第二駐車場まで行き、トイレを済ませて、トレッキングシューズについた泥を洗い流します。

 

 

クルマに戻り、着替えて帰路に付きます。

実は今回の登山は3月18日に土合方面からこちらを目指して縦走登山中に遭難された方の慰霊の意味もありました。日帰り登山中に天候が悪化、ホワイトアウトし、行方不明となり、4月下旬に雪解けと共に登山者の方にこの巻機山山頂付近で発見されたそうです。登山に関しては自己責任ですが、知らない人であってもこういう事故に悔しい思いがあります。

ニュース記事を見てずっと気になっていて、手を合わせておきたいと思っていたので、今日こんな快晴の日に行く事が出来て良かったです。ご冥福をお祈りいたします。

 

 

クルマの後ろにはタニウツギ(田植えボチボチ)が咲いていました。その名の通り、麓の田んぼは田植えの真っ最中でした。

 

 

麓の清水集落の外れにある巻機神社です。駐車スペースが見当たらなかったのでお参りできませんでしたので、クルマからお参りしました。

 

 

ここにボロボロの中部北陸自然歩道コース案内があります。点線が明治時代に完成してすぐに廃道になった清水峠越えの国道291号線です。居坪坂、十五里尾根(謙信尾根)で清水峠まで歩けるようなので、機会があればこちらも歩いてみたいです。

 

 

今は点線国道のままですが、田中角栄時代に国道291号線へ指定し、このように少し整備したらしいですが、その後は手付かずです。ここから峠を越えるとあの一の倉沢の横を通って水上方面へ下りますが、当然冬季は通行止めになりますし、三国峠と比べると険しい道路になりそうです。まあ現代では峠道など作らず長大トンネルで抜ける事になると思いますが、関越道、国道17号線があるので必要無いという事でしょう。この他、国道353号線も苗場から四万温泉方面へ抜ける計画があったようですが、今はすっかり消えています。高度成長時代は夢があって良い時代だったようですね。

 

 

今日も先週と同じくらーめんヒグマ塩沢店へ。13時前に着いたので、並んでいて30分ほど待ちました。

 

 

大盛チャーシュー麺です。このしょっぱさがトレッキングで疲れた身体に染み渡ります。炭水化物とタンパク質をチャージして疲れを癒します。

 

 

三条あたりから見た粟ヶ岳です。この山にも今シーズンも登りたいですが、この方角の地域はこれからの暑い時期はヤマビルが多いので足が向きません・・・。

 

 

先週も今日も帰りはエアコンを使用しました。前回エアコン消臭剤のわさびデエールを装着したのはお盆明け頃でした。

www.golfgti05.com

まだニオイは気になりませんが、効果は約1年とありますので、臭くなる前に新しい物に交換しました。これは絶大な効果で装着しているとほとんどニオイが気になる事はありません。

プライバシーポリシー